霊園のことならお任せください

霊園やお墓について分からないことはありますか?霊園選び初心者の方は多いでしょう。お任せください。 - 終活はポジティブな行動

終活はポジティブな行動

自分の人生最後の時を、考えたことがありますか?
今、生前葬や生前にお墓を購入したり、もしもの時のプランを考える人たちが増えています。『終活』という言葉をご存じでしょうか。
死んだ時のことなんて、まだまだ先のこと……なんて思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、もしもの時は、いつ、なんどきやってきてもおかしくはありません。
延命治療を続けるかどうか、介護が必要になった場合はどうするのか、遺産の問題、葬儀は、お墓は……。
中々、残された家族だけでは判断が難しいことばかりです。できるなら、本人の意思を尊重したい所だからです。
終活にはエンディングノートという死の時、死後の希望を書き記したノートを作ります。昔なら遺言状と言いましたが、それよりもポジティブなイメージで書く方が増えているようです。
終活をしている方々は、悲愴な気持ちで行っているのではないのでしょう。エンディングノートには、霊園に見学に行き、いろんなお墓を見て回ったことが楽しそうに、日記のように書かれていることもあるようです。初めてお墓選びをする方は首都圏最大級の霊園・墓地情報サイト[はじめてのお墓選び.com]←こちらのサイトをご参考下さい。
実際、霊園も今はサービスが広がっていて、ネットでの参拝ができたり、ペットと同じお墓に入れたりするプランなどもあり色々と見回って比べたくなります。
安心して人生の終わりの時を迎える為にすることは、その後、家族が安心できる暮らしに繋がるのではないかと考え、意外と若い方も終活を始められています。
hrehgrrfs
人生を終えることの意識が変わっている時代なのかもしれません。
あなたも今から終活を考えてみてはいかがですか?
人は誰でも歳を取り、老人になり、亡くなります。
その時は突然であったり、予期できるものであったり、若すぎたりと、さまざまではあると思います。
自分が生を終えた後のこと…。たとえば墓石や霊園はどうすればいいのかわからない、と途方に暮れてしまう方がほとんどではないでしょうか。
死はあまり日常になじみが深いものではありません。
だからこそ死後の墓石選び、霊園選びについては早くから知っておいて損はないことでしょう。
そこで霊園選びのポイントですが、立地条件は意外と大切です。
お彼岸やお盆の、交通の混雑のぐあいもですが、海のごく近くに墓石を建てたいという方はそのしぶきが石にかからないかどうかなどです。
墓石は潮風に弱いものですので、せっかく建てたものが早々に朽ちてしまうことも少なからずあるようです。
意外と多いのが、宗派を制限している霊園です。
無宗教の方もそうでない方も、事前に霊園に問い合わせをしておくとトラブルがなくて良いでしょう。
寺院墓地の場合はお寺とのつきあいや相性もありますので、のちのちのことを考えて慎重に選びましょう。
霊園に管理人が常駐しているところも増えてきました。
こまやかに献花のサービスや清掃をしてくれるところだとなお良いですね。
大切な人のため、自分のため、いずれは霊園に関心を持つことになります。
死は悲しいものだと遠ざけてしまう方も、ふと思いついた時にでも、霊園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

Copyright(C)2015 霊園のことならお任せください All Rights Reserved.